無料ブログはココログ
フォト

kusuko photo

  • しっとりのし
    時間の旅

今日の一枚

« 雨の日の野鳥。カラス、カチガラス、ツバメ | トップページ | わが家にもおすそ分けのヒメリュウキンカ »

2017年3月21日 (火)

日常

Dsc00019
仕事に出かける時も
カメラがないと心寂しい
雨の日には雨の日なりの表情があるものだから。
それでも
仕事に追われるとそんな気分も何処へやら
慌ただしいと言う字は
心が荒れるという構成らしい
なる程そうだ。
帰宅途中
渋滞のの車の中から
斜光線の陽だまりのようなカルカヤを写す
ネットに閉じ込められているのに
暖かい光のせいで希望を感じる。
そういえばナンバンギセルを最後に見たのはいつだろう?
ここ10年は見ていない気がする。
秋から冬
カルカヤの根っこにひっそりと咲く紫の花
寄生植物らしいが
ヤドリギと違い憎さを感じないのは
花の持つ可愛さからかも知れない。
Dsc00018
アカザ
れっきとした雑草だが
配色やディテールが美しいと思う
ほうれん草の原形と何かの本で読んだ気がするが
単にアカザ科の仲間だけだったかも知れない。
都市高速の下を走る環状線の道すがら
気にしてみると
日常は退屈させない
ただし
その心の余裕があればということだ。
Dsc00015
それがどんなところであれ
ひとはホームに帰るもの
そして日常は
ホームと周辺のごく小さな世界で営まれる出会いの連鎖
日常に疲れると非日常を欲するのも又ひとの特性。
日常のささやかな範囲に好奇心を満たされることは
生きることが満たされていると云えなくもないと思いませんか?
 

« 雨の日の野鳥。カラス、カチガラス、ツバメ | トップページ | わが家にもおすそ分けのヒメリュウキンカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2050763/69995591

この記事へのトラックバック一覧です: 日常:

« 雨の日の野鳥。カラス、カチガラス、ツバメ | トップページ | わが家にもおすそ分けのヒメリュウキンカ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31